インフラエンジニアとは必要とされているネットワーク環境等の情報技術によるインフラを構築し、その管理や運用、トラブル対応等を行っていく技術者にあたります。企業における社内ネットワークの構築や管理に携わる人間は必ず必要であり、アウトソーシングされていない場合には各企業で担当のエンジニアを抱えていることがほとんどです。こういった職種に就くにはタイミングが重要であり、それほど頻繁に導入から運用までに携われる機会はありません。

一方で、最近ではソーシャルゲームのインフラエンジニアの需要が高まっています。そういったエンジニアになるには基本的にJavaなどのブラウザ上で動かせるプログラミング言語に精通していることが要求される程度であり、募集案件も多いことから慣れる可能性が高い職種になります。仕事の内容としてはゲームの開発に携わるところから始められる場合もありますが、多くの場合は既存のソーシャルゲームのアップデートとメンテナンス、そして障害発生時のトラブル対処になります。ソーシャルゲームは近年の流行であり、プレーしたことのある人も多く、親近感をもって仕事に携われるのがメリットと言えるでしょう。多数の人のアクセスするソーシャルゲームは概して通信トラブルを生じやすく、その対応に四苦八苦することも珍しくありません。しかし、それが大勢の人の喜びにつながることが明白なのでやりがいもある仕事と言えるでしょう。


コメント

なりやすいインフラエンジニアとは — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です