子どもの頃にテレビゲームやパソコンのゲームを楽しみ、自分でゲームを作ってみたいと思って基本的なプログラミング言語を使ってプログラミングを学んでみた人もいるでしょう。その頃は仕事としてIT業界に参入することは考えていなかったとしても、実際に将来の職業を考え、トレンドのIT業界で働きたいと考えた場合に、そういった過去の経験が生かせるのだろうかと考えてしまうかもしれません。特にそういった専門学校や大学で教育を受けてきていない場合に、その過去の経験だけで仕事として成立するほどのスキルを速やかに身につけることにつなげられるのかということが実際に踏み出すかどうかの重要な判断基準になるでしょう。

過去にどの程度のスキルを身につけていたかというところに大きく依存することは言うまでもありませんが、一通りの簡単なプログラムが組めるようになっていたのであればそれはプログラマとしての道を踏み出すのに十分なバックグラウンドになります。それが既に通用するかどうかを判断するには、情報技術系の資格試験や認定試験を受けてみるのがよい判断材料となるでしょう。国家資格試験でもよいでしょうし、民間で行っているものに自分の使用していたプログラミング言語のものがあればその試験でも構わないでしょう。そういった試験を少し勉強して受けてみて、合格できるようであれば既に現場で通用する技術を持っています。躊躇せずにプログラマの道を歩んでも成功していけるでしょう。


コメント

資格試験でプログラマとしての資質を測る — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です